シューズの重要性

ある程度経験を積んだランナーであれば、シューズの大切さは認識しており、値段やデザインだけで選んだりすることはないでしょう。

ランニングシューズを多く扱っている店に行けば、ランナーの走力別に、例えばサブスリーランナー向け、サブフォーランナー向け、初心者向け、のように分けて陳列されているのが通常です。

走力や練習用途によってシューズを替えるのはもちろん大事ですが、何よりも大事なのは自分に合ったシューズを選ぶことです。
これが簡単なようでいて、意外と難しい。

走力はさほど早くなくても、ソールの薄いシューズが適しているランナーもいます。その逆も、しかり。
メーカーによってサイズもまちまち。横幅もモデルによっては、スリムやワイド幅のものも出していますが、果たしてどれがいいのか。
フォアフットやミッドフット寄りのランニングスタイルを目指しているのか。
オーバープロネーションの傾向があるのか。
靴紐はどんなスタイルがいいのか。

気にすべきポイントはいくつもあります。

お勧めするのは、とにかくいろんなシューズの、いろんなサイズを履いてみて、店内を歩いてみてその履き心地を感じてみることです。
今までの自分なりの固定観念や、店舗内の説明書きや、店員さんのアドバイスは参考にしつつも、何よりも履いてみた感覚を大切にしましょう。

そうすれば、きっと自分にとってこれだ!という一足がみつかるでしょう。

なかなか見つからない方は、メーカーや雑誌社などが主催する、シューズの試し履き会に参加してみるのも一つの手です。

サブコンテンツ