初の狭山丘陵ラン

トレランのようなクロカンのようなコースがあると聞き、以前から行ってみたかった狭山丘陵エリアへようやく行くことができた。

コースとしては多摩湖と狭山湖の外周をぐるっと回る25kmほどのコース。

どの駅で降りて、荷物を預けるか。
走り終わった後、どこで汗を流すか。
ネット上の情報だけだと心許なかったが、とりあえず西武新宿線の久米川で降りることにした。

初めて降りた駅だが、そんなに小さい駅ではなく改札は北口、南口の2つ。コインロッカーはそれぞれの改札の外にあった。
たいした違いはないが、南口のほうが多摩湖に近い。
この駅を選んだ理由として、多摩湖まで一番近い駅というわけではないが(約3.5km)、万が一ロッカーがいっぱいだった場合に、600mほど歩けば八坂駅がありそちらに預けられるかなと保険をかけておいたから。
また、「桜湯」という銭湯まで徒歩5分ほどだったというのもある。

駅から多摩湖方面へ向かう道も、最初1kmほどは普通の道路だが、途中から川沿いの遊歩道が走れたりと走りやすい。

多摩湖に着くと、そこからはしっかりと整備されたウォーキング&サイクリング用のコースに入る。

もうちょっと未舗装路が多いのかと思ったが多摩湖の周りはロードオンリー。
それでもアップダウンが結構あり、良い練習になる。

当初の予定では途中から狭山湖の外周を(時計回りに)走る予定だったが、分岐を見落としていた。
多摩湖の周りを2/3ほど走ったところで、そこにあるはずのない西武ドームの姿を見つけ、道を間違ったことを認識。

そのまま多摩湖の周りを走るだけだとロードばかりになってしまいそうだったので、来た道を1kmほど戻り、狭山湖を当初の予定とは逆の半時計回りで走ることにした。

すると、ほどなくしてロードは未舗装路に。
こちらが主目的だったのでようやく来たかという感じ。
アップダウンはトレイルとは比べ物にならないが、25km以上の距離を走ることを考えるとちょうどいい塩梅。

結局、道に迷ったこともあり当初の予定より長距離となり、多摩湖から久米川駅までの往復7kmを含めて34km程度を走ったことになった。

2つの湖外周のコースには、予想に反してトレイルっぽいポイントがなかったため、予想よりも早く駅に戻れてしまった。
普通なら喜ばしいところだが、それが銭湯が開く1時間ほど前だった。
今回は男性のみの参加者だったので、駅前でサクッとご飯を食べて銭湯に寄らずに帰宅。

次回は、狭山湖のあたりの脇道に見えたトレイルっぽいところも攻めてみたい。
そして銭湯にも寄ろう。

p.s.
そういえば、特に多摩湖の外周道路沿いにはやたらラブホが建っていた。しかもかなりの年代物。昔からそういうエリアなんだな。今でもつぶれずにあるのが驚き。

前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »
サブコンテンツ