練習メニューごとにシューズを分けよう

ランニングのトレーニングをするにあたって、ランニングシューズはかかせないものですが、意外と練習メニューによってシューズを使い分けている人は多くないのかもしれません。

しかしながら、そのシューズの特性ならびに自分のレベルや状態に合わせて、レースはもちろんのこと、練習メニューによって使い分けるべきです。

例えば、ソールが薄く、駅伝などのスピードラン向けに作られているシューズは、速いスピードで走っている分には、余分なクッションによるスピードロスもなく、足が地面から受け取るパワーをそのまま推進力につなげてくれます。

しかし、そのシューズを、遅いペースの練習、例えばジョグやLSDなどで使用すると、まずは足の疲労が大きくなります。さらに、疲れてかかと着地の傾向が強くなると、かかと部分の消耗が激しく、ただでさえ軽量性と引き換えに耐久性を捨てているシューズの寿命を短くすることにつながります。

他にも、例えばナチュラルラン系の、フォアフット・ミッドフット着地用に作られたシューズは、その走り方が身についていない状態で、長い距離や負担の高いハイスピードで使用すると、足へのダメージが思いのほか強く、ケガにつながりかねません。

足の状態、自分の走力、練習のタイプ、走路の特徴、シューズのタイプ …etc と考えねばならないポイントは多いですが、それらをきちんと踏まえてTPOに合わせてシューズ選びをしたいものですね。シューズ選びに迷ったら、ランニングシューズのクチコミサイトを参考にしてみるのも一つの手といえるでしょう。

 

 

 

前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »
サブコンテンツ